宮本浩次と西川貴教の共通点はシャウトの魅力。相違点は?――近田春夫の考えるヒット

『Do you remember?』(宮本浩次)/『Crescent Cutlass』(西川貴教)◆絵=安斎 肇 今週は宮本浩次と西川貴教を聴いてみた。 全く違う方向を向いているようにも思えた二作品では…

世の中の「ほんとう」がわかります

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

エレカシ・宮本浩次、53歳の誕生日に初ソロライブ開催!「俺の誕生日、祝ってくれて、ありがとう。また会おう!」

■エレカシ・宮本浩次、ギター1本での弾き語りで生々しい熱量に満ちた圧巻のパフォーマンスを披露!
すさまじいパフォーマンスだった。終演後しばらく経っても、しびれるような余韻の残るステージだった。

6月12日、エレファントカシマシの宮本浩次が、東京・恵比寿リキッドルームにて初のソロライブを開催した。公演名は『ソロ初ライヴ!宮本、弾き語り』。この日は、自身53歳となる誕生日でもある。記念すべき日に彼が見せたのは、まさに熱唱という言葉がぴったりくる歌と演奏。生身のエネルギーをダイレクトに伝えるような弾き語りのパフォーマンスだった。

開演時刻を少し過ぎ、ピンと張り詰めた緊張感の漂う会場に…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

宮本浩次、桐谷健太&東出昌大W主演ドラマの主題歌を書き下ろし!「私なりの男らしさを追求した渾身の作です」

■「青春時代をエレカシと共に過ごしてきました。宮本さんの歌声に力をもらったことは数知れません」(東出昌大)「エレカシのアルバム『東京の空』だけをポータブルCDプレイヤーにぶち込んで、東京に出てきたのは20年以上前」(桐谷健太)
昨年大きな注目を浴びた椎名林檎や東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ作品への参加を経て、2019年にソロ活動をスタートさせた宮本浩次。

ドラマ『後妻業』主題歌として書き下ろされた配信ソロデビュー曲「冬の花」をいきなりヒットさせ、SoftBankや月桂冠といったCMへの楽曲提供&出演、高橋一生への楽曲提供&プロデュース、6月12日の自身の誕生日に初のソロ…

M-ON! Press(エムオンプレス)は、エムオン・エンタテインメントの各メディアが発信する、アニソンやアイドル等の音楽情報、女性やママのファッションニュース、デジタルガジェット他、多様な記事をまとめてお届けしています。