マイナポイント内容把握は35.5%。利用意向は約30%で設定したいキャッシュレスは「PayPay」「楽天カード」「au PAY」

MMD研究所とコロプラが提供するインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」による共同調査「マイナンバーカードとマイナポイントに関する調査」によると、マイナポイントの内容を把握している割合は35.5%で、設定した決済サービス上位は「PayPay」「楽天カード」「WAON」だった。

「マイナポイントを聞いたことはあるが内容を把握していない」または「聞いたことがない」という回答者に内容を説明した上での利用意向は29.9%。設定したいキャッシュレス決済は「PayPay」「楽天カード」「au PAY」が上位だった。調査対象はスマートフォンを所有する18歳~69歳の男女5,353人。期間は2020年7月21日~7月27日。

35.5%が「マイナポイントの内容を把握している」

調査対象者にマイナポイントについて聞いたところ、「内容を把握している」が35.5%、「聞いたことはあるが、内容を把握していない」が47.6%、「聞いたことがない/わからない」が16.9%だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナポイントの認知度
マイナポイントの認知度(n=5,353)(出典:MMD研究所)

「内容を把握している」と回答した人にマイナポイントの申請状況を聞いたところ、「申し込んだ」は23.9%。「申し込んでいないが、今後申し込む予定がある」は46.3%、「申し込んでおらず、今後も申し込む予定もない」は29.8%。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナポイント申請状況
マイナポイントの申し込み状況(n=1,900)(出典:MMD研究所)

設定した決済サービス上位は「PayPay」「楽天カード」「WAON」

「マイナポイントを申し込んだ」と回答した人にマイナポイントに設定した決済サービスを聞いたところ、最多は「PayPay」(20.3%)。次いで「楽天カード」(12.8%)、「WAON」(12.3%)だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 設定した決済サービス PayPay 楽天カード WAON
マイナポイントに設定した決済サービス(n=454)(出典:MMD研究所)

マイナポイントを申請した理由の1位は「5,000円のポイントバックが魅力的だから」(76.7%)。「マイナンバーカードを持っているから」(37.9%)、「マイキーIDを持っているから」(11.5%)と続いた。

マイナポイント マインナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナポイントの申請理由
マイナポイントの申請をした理由(n=454/複数回答可)(出典:MMD研究所)

マイナポイント利用意向は29.9%、設定したいキャッシュレス決済は「PayPay」「楽天カード」

マイナポイントについて「聞いたことはあるが、内容は把握していない」「聞いたことがない/わからない」と回答した人に、マイナポイントについて説明した上で利用意向を聞いたところ、「利用したい」が29.9%、「利用したいと思わない」が29.7%、「わからない」が40.4%だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナポイント利用意向
マイナポイントの利用意向(n=3,453)(出典:MMD研究所)

マイナポイント利用意向者に設定したいキャッシュレス決済サービスについて聞いたところ、「PayPay」(24.5%)が最も高く、「楽天カード」(14.5%)、「au PAY」(6.7%)と続いた。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 設定したいキャッシュレス決済 PayPay 楽天カード au PAY
マイナポイントに登録したいキャッシュレス決済(n=1,032)(出典:MMD研究所)

マイナンバーカードの所有率は27.7%

調査対象者に顔写真付きマイナンバーカードを所有しているか聞いたところ、「顔写真付きマイナンバーカードを持っている」は27.7%で、「現在、受け取りの申請をしている」が7.2%、「マイナンバーカードを持っていない」が59.6%、「わからない」が5.5%だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナンバーカード所有率
顔写真付きのマイナンバーカードの所有率(n=5,353)(出典:MMD研究所)

マイナンバーカード所有者と「受け取り申請中」と回答した人に取得した時期を聞いたところ、マイナンバーカード所有者は「2015年ごろ」(12.3%)、申請中の人は「2020年7月」(45.9%)が最多となった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナンバーカード取得時期
マイナンバーカードを取得/申請した時期(n=388)(出典:MMD研究所)

作成理由1位、所有者は「身分証明書代わり」、申請中は「マイナポイントで買い物」

マイナンバーカード所有者と「受け取り申請中」と回答した人にマイナンバーカードを作った理由を聞いたところ、最多は「身分証明書として使えるから」(36.3%)。次いで「今後利用できる場面が増えると思ったから」(31.4%)、「マイナポイントで買い物したいから」(21.7%)だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 マイナンバーカード作成理由 身分証明書代わり マイナポイントで買い物
マイナンバーカードを作った理由(n=1,873/複数回答可)(出典:MMD研究所)

所有者別で申請理由を見ると、所有者の最多は「身分証明書として使えるから」(39.9%)で、申請中の人は「マイナポイントで買い物したいから」(59.3%)だった。

マイナポイント マイナンバーカード 調査 MMD研究所 所有者別マイナンバーカードを作った理由
マイナンバーカードを作った理由(所有者別、上位5項目抜粋)(複数回答可)(出典:MMD研究所)
調査実施概要
藤田遥

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

iPhoneで出来る、マイナポイントをPayPayと紐付けする手順

 マイナポイントの予約受付が7月から始まった。マイナンバーカードと任意のキャッシュレス決済サービスを紐付けするこのキャンペーンだが、設定の複雑さが指摘されている側面もある。  マイナンバーカード発行からマイキーIDの設定 […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

マイナポイント事業開始…カード普及の起爆剤と期待

菅義偉官房長官は1日の記者会見で、マイナンバーカード所有者を対象にポイント還元する「マイナポイント」事業が始まったことに関し、「マイナンバーカード普及の起爆剤になると期待している」と述べた。 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、官民と…

ニッカンスポーツ・コム 社会最新ニュース