withコロナ時代の食品備蓄

芥川龍之介は、避暑地の別荘に咲く季節はずれの藤の花を見て、天変地異を悟った。それから数日後の1923年9月1日に、関東南部は直下型地震に見舞われた。

▼関東大震災にちなんだ「防災の日」には、備えを怠らないようにとの戒めが込められている。近年は大規模災害が頻発して備蓄への意識が高まりつつあったが、皮肉にもコロナをきっかけに格段に浸透した。3密を避けるために買い物頻度を減らすようになり、コンビニを冷蔵庫替わりに使う単身者や若者など、とりわけ備蓄に関心が薄いと言われてきた層にも意識が芽生えている。

▼自粛期間中のヒット商品の中に、缶詰やパックご飯などロングライフ食品[…]

withコロナ時代の食品備蓄食品新聞社で公開された投稿です。

時代が求める斬新な食品業界総合情報紙

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

9月1日は「防災の日」! 4人家族が備蓄すべき水の量は何リットルか知っていますか?

今日、9月1日の「防災の日」は、台風、高潮、津波、地震などの災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するために制定された日です。 今年は6月18日に大阪府北部での地震や、6月28日から7月8日かけて「 […]

Suits-woman.jp(スーツウーマン)は、真面目に働きながら、仕事、お金、未来のことなど地に足をつけて“堅実に”考える“堅実女子”の応援サイト。賢人のお悩み解決、デジタルの基本、貧困女子などの記事で働く女子をバックアップ。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

経堂の子ども食堂が防災食配布 「防災の日」に備蓄の大切さを啓発

経堂の個人飲食店が支援して運営する「経堂こども文化食堂」が「防災の日」の9月1日、地域のシングルマザー家庭に缶詰などの防災食を配布した。

みんなの経済新聞ネットワーク