「女性視点」で選んだ「女性用防災セット」が発売

9月1日「防災の日」

近年、自然災害の多発により防災意識が高まり、いつ起こるかわからない災害に備えて、オフィスや自宅での防災用品の備蓄保管が増加傾向にあるという。

そんななか「アスクル株式会社」は、災害時における女性の悩みに着目し、女性が「防災セットのなかにあったら嬉しい」と思えるラインナップを揃えた「女性用防災セット」を発売した。

一般的に必要とされる飲料水保存食ライト簡易トイレといった基本的なものに加え、緊急時に女性が備えておきたい特有のアイテムとして生理用品使い捨てショーツドライシャンプー、メイク落としにも使えるウエットティッシュなど、全21品目をセットにしている。

また、それらを収納するリュックにも工夫を凝らし、デザイン性使い勝手を考えたものを採用。ポケットは6ヵ所あり、貴重品の管理にも便利な内ポケットも備えている。重さも2kgと、女性でも無理なく運べるボリュームだ。

まだ防災セットを持っていないという人は、この機会に備えてみてはいかがだろうか。思い立ったが吉日だ。

アスクル 女性用防災セット』

【購入サイト/LOHACO】
https://lohaco.jp/product/X855581/

Top image: © 2020 アスクル株式会社

TABI LABOは、カルチャーやライフスタイル、トレンドにテクノロジー、おもしろいモノから、感動するコトまで。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」です。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

経堂の子ども食堂が防災食配布 「防災の日」に備蓄の大切さを啓発

経堂の個人飲食店が支援して運営する「経堂こども文化食堂」が「防災の日」の9月1日、地域のシングルマザー家庭に缶詰などの防災食を配布した。

みんなの経済新聞ネットワーク

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

伊勢湾台風とは?明治以降で最悪の犠牲者数に。「台風10号」で注目(写真)

伊勢湾台風の影響で床上浸水した名古屋市内の小学校(愛知県名古屋市)[米空軍提供]

日本列島を直撃するとネットで話題になっている熱帯低気圧。台風と認定されれば「台風10号」となる。ネットでは「伊勢湾台風並み」の規模ともささやかれているが、どれほどの被害を生んだ台風だったのか?日本の災害対策の「原点」ともいわれる大災害を、写真と資料で振り返る。

 

5098人が犠牲に

内閣府の報告書によると、伊勢湾台風は1959年9月26日夕、紀伊半島先端の潮岬に上陸した「台風15号」を指す。死者・行方不明者数は全国32道府県で5098人に上り、台風による被害としては明治以降最悪だ。

愛知県と三重県では高潮が発生。両県の犠牲者数は、全体の83%を占めるほど甚大な被害が出た。

押し流された庄内川左岸堤防(名古屋市港区)浸水した商店街伊勢湾台風の被災者(名古屋市港区)

<a href="https://www.youtube.com/watch?v=kpGgfTFqbCc" target="_blank" rel="noopener…

…クリックして全文を読む

HuffPost Japan – Athena2 – All Posts